赤ら顔で鼻や頬をどうにかしたい!あなたへ

 

「どうしたの?鼻のあたりが赤いよ」
「頬が赤いけど、風邪ひいたの?熱でもある?」

 

相手は悪気があって言ったわけではないですが、ないですが、

 

(わかっているよ!余計なおせっかいだよ!)

 

とあなたは内心、イラッと来ているかもしれません。

 

今回は、返金保証あり!を中心として”赤ら顔対策の化粧水”のランキングを解説します。

 

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

赤ら顔Q&A

 

赤ら顔が気になる人

 

赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質なの?

 

赤ら顔の原因は体質的なもとの、他に原因がある場合に分けられます。体質的なもので、最もなじみ深いものとしては赤面症があげられます。恥ずかしいことが起きたとき、あるいは緊張感がたかまった用ような状況で顔が赤くなってしまう人は良く見られます。一方で、他の原因で赤ら顔になることもあります。赤ら顔の原因は基本的には血液の赤い色が皮膚により目立つようになってしまった状況です。その原因として比較的多いものとしては顔の皮膚への刺激が強すぎることです。例えばしかっりと洗顔しようとして顔をごしごしと洗ってしまうことは一つの原因となります。ごしごしすることは皮膚には非常に強い刺激になってしまいそこで炎症を引き起こしてしまいます。炎症を引き起こすと血管は広がりますので、そこを通過する血液量も増加して赤く見えるようになるのです。また、洗顔だけでなく風邪をひいたり、アトピー性皮膚炎などのほかの病気で血管が広がるような状況が起きても赤ら顔になります。さらに、脂漏性皮膚炎といって顔の皮膚には皮脂腺がたくさん存在しています。何らかの原因で皮脂腺からの皮脂分泌が増加してしまい、皮膚の脂分が炎症を引き起こしたり、きれいにしようとして洗いすぎても赤ら顔となることもあります。

 

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

冬になると、顔の乾燥肌はことに目立つようになり、白く粉を拭いたようになったり、ファンデーションがのりにくくなったりということだけでなく、ぴりぴりとした痛みを伴うこともあります。考えられる原因としてはまず日々のケアですが、たっぷり泡立てた洗顔フォームや石鹸で、その泡を転がすように丁寧に力を入れずに洗いましょう。すすぎはぬるま湯でしっかりと。額の前髪の生え際やこめかみの鬢のあたりに泡が残りがちなので、鏡を見てチェックしながら仕上げ、タオルでそっとあてて水けを取ります。その洗顔後に、化粧水をてのひらに少量とり、ぬくもりで人肌に温めて顔に押し込むように丁寧につけましょう。そのあとは両手で包無用にして浸透させ、クリームやオールインワンジェルを薄く塗って水分の蒸発を押さえるようにふたをしましょう。繰り返すことで細胞の水分量が増えていき、顔の乾燥肌は少しずつ改善していきます。また、肌の内側から、細胞の材料となるコラーゲンやビタミンCを補給していきましょう。ことにビタミンはCだけでなく、AとEを複合的に摂取することが良いとされています。サプリメントでも摂れますが、食事のメニューに鶏肉やトマトを増やしたり、これからの季節ではリンゴやミカンなどの新鮮な果物を摂取することが大切なのです。外からのケアと中からのバランスが整うと、顔の乾燥肌はより一層改善していきます。

 

敏感肌になる原因を解説します!

 

敏感肌になってしまうと、スキンケアには欠かせない化粧水でもしみて痛みを感じてしまったり、メイクの際も肌がヒリヒリとしたりなど様々な弊害がうまれます。これらの弊害を取り除くためには敏感肌を改善させなければならないのですが、そもそも何が原因で敏感肌になっているのでしょうか。
人間の肌の表面というのは肌細胞が並ぶことでできています。同じサイズのものが規則正しく並ぶことによってキメ細かな肌になり、化粧のりもよく非常に美しい肌になります。しかし乾燥や紫外線などによるダメージ、栄養不足などの原因によって肌細胞のサイズがバラバラになり、規則正しく並ばなくなることで細胞同士の間に隙間が生まれます。この隙間に化粧水などの様々な刺激が入り込み肌の奥深くまで刺激が伝わるため痛みやかゆみを引き起こしてしまうのです。つまり敏感肌になってしまうということは、それだけ隙間だらけの肌になっているということが言えます。
原因は1つではないため、まずは自分の生活スタイルを見直す必要があります。毎日のスキンケアをしっかり行っているのか、食事は栄養バランスのととのったものを食べているか、睡眠はしっかりとれているかなど生活における基本的なことなので、原因を突き止めるのも改善させるのも比較的簡単です。

 

 

オールインワンジェルのメリット&デメリットを解説します

 

オールインワンジェルにもメリットやデメリットが出てきます。どんな物にも両面がありますから、紙一重は無視できません。基本的に化粧水や乳液、美容液、クリーム、パックなどのスキンケア製品を一つにまとめた様子がある化粧品です。オールインワンジェルのメリットは「保湿効果が高い」、「時間を短縮できる」、「高機能」になります。すべてにの化粧品は保湿効果が高めとは言えませんが、オールインワンジェルタイプのアイテムはほとんど、保湿効果が目立ちます。

 

オールインワンジェルを使えば時間も短縮できるのはポイントです。洗顔した後に適量を肌に馴染ませれば良いため、人気は絶えません。美白や保湿、シミやシワ対策、ターンオーバー正常化も招きます。

 

通常、オールインワンジェルは高機能です。質感や水分保持能力、乾燥予防にも特化している様子があります。しかし、デメリットとしては、""角質に浸透しにくい""ところが問題です。基本的に化粧水ではないため、付けてからしばらくしないと、角質の隙間を保湿成分や美容成分で満たす事は難しいと言えます。しかし、化粧水を使った後に塗れば、デメリットを解決出来るのが大きなポイントです。ジェルが水分を蒸発しないようにサポートします。

 

化粧水の役割は?

 

化粧水をつけると、肌の内部に水分がしみ込み、保湿されて肌がみずみずしくなるというイメージがありますが、化粧水の役割は水分として肌の内部に入り込むことだけではありません。クレンジングや洗顔をしてメイク汚れやほこり、余分な皮脂を洗い流した後の肌に化粧水をつけることで、肌の柔らかさを増し、そのあとに使う乳液や美容液、クリームなどスキンケアコスメをむらなく肌に行き渡らせたり、浸透を良くしたりするための通り道を作るという大切な役割があります。洗顔直後の肌にクリームをつけても、美容成分は肌の内部に入り込みにくく、表面を覆うだけになってしまいますが、化粧水で肌を柔らかくし、美容成分の通り道を作ることで、角質層の奥まで美容成分が浸透して、スキンケアの効果を発揮することができるのです。

 

 

化粧水で保湿をしたい場合には、水分を補給するというよりも肌の内部で水分を保つ役割があるセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれていることが重要です。

 

保湿成分が含まれている化粧水を使うことで、化粧水の水分を肌の内部にため込むことができます。肌の内部に保湿成分で水分を補給した後には、水分と油分のバランスを整え、水分の蒸発を防ぐ乳液やクリームで肌を保護することも大切です。

 

 

乳液の役割は?

 

洗顔をした後に、化粧水でしっかりと保湿をしているから乳液を使わないという人やオイリー肌でべたつきやてかりが気になるから丹生きを使わないという人もいますが、
乳液を使うことで保湿効果を高めたり、乾燥による皮脂の過剰分泌を防いだりすることができるので、乳液の役割を正しく理解することが大切です。乳液は、ほとんどが水分でできている化粧水とは異なり、2〜3割程度の油分を含んでいます。

 

 

肌は、水分を補給するだけでも、油分を補給するだけでもバランスが崩れて乾燥やニキビ、肌荒れの原因になってしまいます。
乳液には、化粧水で補給した水分が乾燥しないように油分の薄い膜で肌の表面を覆う役割があり、保湿をするためには欠かせません。また、乳液自体にも肌に潤いを与える効果があり、肌に潤いを与え、肌の乾燥を防ぐという二つの役割を持っています。

 

 

洗顔をして余分な皮脂や汚れを取り除いたら、化粧水で肌に美容成分や水分が浸透する通り道を作り、水分や保湿成分をしっかりと肌の内部にとどめるためには、毎日乳液を使う必要があります。

 

べたつきが気になるという場合には、さっぱりとしたタイプを選ぶことで乾燥による皮脂の過剰分泌を防ぐ効果を期待できます。"